ロルフィングの誕生

Dr. アイダ・ロルフは1920年にニューヨークのロックフェラー研究所で働きながら、コロンビア大学医学部の大学院で生科学者としての博士号を取得しました。


馬に蹴られた体験
アイダ・ロルフは若いころ馬に蹴られた経験があり、高熱、肺炎の症状で病院に運び込まれましたが、治らず、後にオステオパシー医の施術を受けて、馬に激しく蹴られた衝撃でずれていた肋骨を本来の位置に戻してもらったことで、たちまち呼吸が改善され、症状が収まった経験を持ちます。こうして彼女は、正しい肋骨の位置に戻すことによって快癒したことから、「カラダの構造が機能を決定する」を実体験したのです。


症状とのいたちごっこからの脱却を目指す
多くの人がアイダ・ロルフを訪ねて来ましたが彼女はどこかをなおせばどこかが崩れるのいたちごっこに悩んでいました。

彼女は部位でなくカラダ全体の構造を見るように見方をあらため患部に焦点というこれまでのスタイルを捨てました。構造とはカラダ全体のリレーションです。そしてその構造を支えているのが「筋膜」であることに着眼したのです。


アイダ・ロルフの功績(筋膜の重要性の発見)
アイダ・ロルフが公の場で筋膜についての重要性を発言するまでは、徒手技法の世界では、筋膜はそれほど注目されていませんでした。

筋膜のネットワークこそがカラダを支える重要な器官であるということは、それまで誰も言ってきていませんでした。

彼女は筋膜が固まっているときカラダは拘縮しますがこれをゆるめることによって水分を取り戻し、活性化したカラダを取り戻せることを提唱しました。


身体教育メソッドとしてのロルフィング
ロルフィングは全身の構造の統合が目的であり、治療が目的ではない、とされています。

ロルファーとクライアントの関係性は治療者と患者ではなく、たとえば指導者と学習者といった形に考えられています。

ロルフィングの目的と対象は、「習慣的要素」であり改善が大変難しい領域である、「姿勢」「動作の改善」とそれらの習得と習慣化が狙いといえるでしょう。

 

参考文献:これがボディワークだ 進化するロルフィング 小川隆之 斎藤瑞穂 著

Copyright© Unleash Body & Mind , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.