カラダとココロの成長へ

自分にあった姿勢の発見を通じて、イキイキとした日々を

ファーシア(筋膜)は姿勢を司る最も重要な結合組織と言われ、全身がこのファーシアのネットワークで構造化され姿勢が造られています。
ロルフィングは10回のセッションを通じてカラダ全体のファーシア(筋膜)を緩めたうえで統合(まとめ)します。

その人本来のカラダの構造と姿勢やバランスによってイキイキした動きや活力を取り戻し10セッションが終わった後も自動的に継続してよい状態が維持されていくことを目指してロルフィングは設計されています。


人類には数百万年の間に直立するために作ってきたカラダの構造、動き方があります。
しかし現代人は長時間座ったままであったり動きのない時間が長くなっており、健康的な姿勢や、体内の水分の移動を阻害して本来の姿勢を失っています。

ロルフィングによってカラダの活性化を目指した結果、現代病的な肩こり、首、腰の凝りなどの根本原因が取り除かれて長年困っていたことが改善されたということが起きています。

からだの動きを活性化してありたい自分へ前進

ロルフィングは静的なその人にとってよい姿勢を目指すだけでなく本来のよいカラダの使い方、動きを発見していきます。

ロルフィングの10回のセッションを通じて、全身のファーシア(筋膜)のこわばりや癒着をカラダの部位ごとに順を追ってゆるめていき、その潤いを取り戻し、筋肉を本来あるべき位置に戻し、それぞれが本来の動きができるようにしていきます。

最後の8-10セッションでは 各部位が協力してうまく動けるように全身を統合します。

筋肉と筋肉の間の滑走性が向上し筋肉の無駄な動きが軽減され、効率的な動きを可能にしていきます

ロルフィングの目的は全身の統合です。重力下での最適なカラダの構造と動き方を発見していきます。

ロルフィング開発者のアイダ・ロルフ博士は当初ロルフィングの名前をStructual Integration(構造の統合)と名づけました。

しかしアイダ・ロルフの教え子たちは開発者の名前にちなんだ呼び名にしたくRolfing(ロルフィング)と呼ぶことにしたのです。

アイダ・ロルフは10セッション以降はカラダは重力との折り合いがうまくできるようになり、重力がセラピストになると言いました。

 

カラダとココロの変化によって成長していける自分を創り出す

ロルフィングにより再統合したカラダも、それを維持、改善していくためには、そのための”ココロの姿勢が必要です。

日頃アタマに支配されている自分の、カラダとココロの声を聴いていく姿勢や習慣が必要です。

そのために私(KAZ)はロルフィングとコーチングを組み合わせたスタイルで、クライアントさんのカラダとココロの願いを共有し活き活きワクワクした人生に向けてライフコーチとしても伴走していきます。

安心安全なスペースで自由にこれまでのワクや思い込みを解き放って本来の自分らしく、楽しくゴールイメージを描いて進んでいきましょう。

Copyright© Unleash Body & Mind , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.